屋根裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天体観測2

二昨日からのことを話すのが最近の僕について知ってもらうのに最も効率がいい方法なのではないかと思う。

思考上、金曜日の朝に時間を戻すことにする。
なぜだかすっかり忘れてしまったけれど、とにかくほとんど徹夜でその朝を迎えた僕は、先生と卒論について相談するために学校に向かった。
8時から一人で作業して、10時から11時まで先生と話すことができた。
1時間ではあったけれどなすべきことを把握できたし、バックグラウンドについての理解も少しは深まったような気がする。Bondi flowが僕の研究の始まりのキーワード。
さて、11時からは理論(S5と呼ばれる卒論グループで、僕のほかに生徒がもう一人いる)での卒論の打ち合わせ。およそ10分程度の発表になるだろうと教えてもらった。
pptを作らなければならないが、8枚程度に纏めることがネックになりそうだ。

さて、その打ち合わせは連絡程度ですぐに終わり、またPC室へ戻って先生と1時間弱作業をした。
ただし、正直にいえば、このあたりの僕の時間感覚は正確ではない。

恐らく13時半だったと思うのだけれど、僕は学生控え室に戻って仮眠を始めた。
一瞬で意識を失ったので確かではないが、友人の誰かの迷惑になった記憶がある。

ふと気付けば14時半で、数値計算の理論ゼミの時間だ。
今回は数値計算というよりも流体の理論の話だった。交通方程式(連続の式でvが(1-\ro)Vmaxと書けるもの)の話だった。前、前々回は欠席していたのだけれど、そちらのほうの話のほうがよほど出席すべき内容だったという後悔とともに耳と意識を傾けていた。

16時頃に終わって、少し先生と話をして、僕は真っ直ぐ家に帰った。
野暮用があったけれど、それよりも何よりも、そう、寝るためである。
きっちり1時間半ほどの睡眠を取れたことは僥倖だ。

19時からは理論の雑誌会(僕はまだ出席したことがない、してみたい)の打ち上げにお邪魔してきた。
なんとかいう河原町三条近くで鍋料理。
外国からの人が3/11だったので(内2人が招待)、自己紹介を英語でしろとのことだった。
いくつかの成功と、いくつかの失敗の記憶がまざまざと頭に焼き付いている。
失敗は、’先生’を"superviser"と呼ばなかったこと。ここは高校ではない。
あるいは自己紹介の最後に"That's all."と言ったこと。
成功のうち最も大きかったのは、pottery「陶芸」という単語で、これは先生方にいい印象を与えることに成功したようだ。
しかしながら、生意気なヤツだと直接言われた点も考慮すれば、今回僕にいいところはなかったと言わざるを得ないのは非常に遺憾だ。

ビールを瓶一本くらい飲んだ気がするが、それ以上は飲んでいない。
そして十分とは言えないが満足できる程度には食べた。

二次会にもお邪魔しようかとも、ふと思ったのだが、何か頭をよぎるものがあったので部室へ。
このときは作陶が目的だった。
断じて言うが、何もA氏とかHんが、にやりと笑って僕を迎えてくれるなんてことは思いもしなかった。
彼らとのそこらの感情の共有は・・うぅん、なんとも味わい深い。
とにかくも、僕たちは朝まで麻雀をすることになる。
勝ったような気がするが、いつものことだ。
今のところ総合得点では4人打ちでも、サンマでもトップに立っている。

土曜日は中休み。
学校に行ってのんびりとしていた。
学生控え室には僕だけで、皆はPC室かどこかにいるのだろう。
思うにやはり昼の気候は気持ちのいいもので、夜しか生活しないというのはどうも非人間的だ。
午後のコーヒーのなんと美味いことか。
さて、そこらの散歩でも・・
という夢を見た。

最近は土星が見えるらしく、そして運よく久しぶりの好天気。
今日こそ観なければと思いつつ、15時過ぎに起床です。
そこへねぃさんから情報が届く。

チチキトク
彗星も観えるらしい!
ワクワクを抑えながらネットを徘徊して夜を迎える。

観測は一人がオツだとは思いつつも、寂しがり屋かも知れない僕は幾人かと外へ出る。
本日ハ晴天ナリを体言するような空模様で星が美しい。
早速望遠鏡を設置して、当りをつけて、土星を観測する。
メンテを怠っていたためか、少し調子が悪かったけれど、土星は観えた。
多分リングも見えたんだと思う。
というのも僕の望遠鏡の性能の問題で、観えたという人がいたりいなかったり。

土星の近くにあるらしいルーリン彗星は肉限はおろか望遠鏡越しにも見えなかった。
性能の問題だろうか。

もっといい望遠鏡が欲しくなった。

さて、部室に戻ると人数はたまたま”ちょうど”4人。
麻雀ですね。
しかし明日の都合を鑑みるに、やるべきではないのは証明終了。
一回で終わろうと思っていた。
ら、飛んだ。僕が。
東3、僕の親になる前のことだった。
皆も満足できる様子ではなく、しょうがなく2半荘目へ。
東4、僕の親番、北家がハネ満ツモで僕が飛んだ。
皆から一様連続にザマァ的な空気が漂っていたけれど、僕はもう一度のチャンスを請うた。
そして、南2、僕は大空へ羽ばたいた。
時間は7時、朝日が目に滲みるいい朝だった。

帰宅して腹を満たせばすぐに就寝し、10時からのサッカーに備える。
なんてこった!2時間後!
10時に起床。
3年ぶりのまともな運動に胸をときめかせながら農学部グラウンドへと向かう。
宇宙物理学科のサッカー青年たちの体と体のぶつかり合い。
それがまさか4時間にも渡るとは、このときの僕には想像すらできなかったし、今思うだに恐ろしいぜ。
僕より圧倒的に暴力的な程マキシマムのタクティクスな先輩たちについていこうと必死wな僕はクリティカルで生まれたてのカモシカのように足を震わせながら何とかサッカー?をし、ものの見事に足を攣った。
それでも最高にハイな気分になれたし、爽やか三組も怖くないほど青春を謳歌していたと思う。

14時過ぎ、精神とときの部屋に居たかのように友人との間のギャップを感じながら僕は帰宅し、ネットを巡回した後に泥のような睡眠に落ちる。時は17時を指していた。

19時、Tに叩き起こされる。
だが僕は彼女に感謝する。なぜならばそれは、その時間、陶芸部の追いコンがあるからだ。
わぉ。
きさきという豆腐屋で鍋を食う。
豆腐屋だというのに、普通の豆腐なのが残念だった。
重要な位置を占めた人たちが陶芸部から出て行くのに拍車をかける残念さであった。

二次会を過ぎ、人がまばらになった頃からHんが麻雀に心奪われる。
僕は4人にならなければやらないつもりだったのに、彼はもう・・。
麻雀は好きだけれど、もっと人と話したいよ。
せめてカラオケ・ビリヤードでは?
と思いつつも僕は重い目蓋には勝てず、寂しい思いをした人も何人かいたろうと思うが、僕は椅子から目を閉じて天井を見上げることしかできなかった。

ふと目を覚ますと5時。
たぴさんが帰るというので代わりに続きを打った。
トップで受け取り、得点を増やしてトップのまま終えた。

6時前に帰宅して睡眠。
18時までついぞ目を覚ますことはなく、布団への愛を確かめた。
そして先生との打ち合わせに向かい、少しばかりプログラムを進めて帰宅。
今に至るというわけだ。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

physics | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<卒論プレゼン資料 | HOME | ただそこにある>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。