屋根裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宇宙百景語るに如かず

先日、といっても半年ほど前になるのだけれど、知り合いの方から望遠鏡を頂いた。
対物レンズ:口径60mm, F=360mm、接眼レンズ:口径18mmの屈折望遠鏡だ。

[例によって写真掲載予定]

どうやって計算したか忘れてしまったけれど、僕の計算によれば倍率は20倍。
(360/18かな?忘れたや。また纏める、かも知れない。
望遠鏡経験のない僕は、このコでどれくらいのモノが見えるかすら分からず、とにかく使って試してみたいという欲求に苛まれる日々が続いていた。

そんなとき、月と金星と木星が一同に視野に入る夜があった。
(12月の始めだったと思うけれど、確かなことは覚えていない。
それまでの忙しさがこのときは小休止状態で、このチャンスにこの情報は逃すには惜しすぎた。

しかし、人を誘うには結果がどう転ぶか分からないためにリスクが大きすぎたので、部屋で一人で見ることにして、その日を心待ちにしていた。
(何も見えなくて気まずい空気になるのは興ざめだ。

部屋の真ん中を空けて望遠鏡を設置、窓を開け放って空を睨む。
震える身体を抱きながら、隣の建物の上と自室の窓枠の上限との狭間の空間に3つのオブジェクトが入る瞬間を待つ。

・・来た!
が、そのときは三脚の使い方が分からず、望遠鏡をしっかりと固定できていなかったために木星を視野外に逃し、小さな点にしか見えない金星と、薄い月(このときは三日月くらい)を見ることしかできなかった。

金星が点にしか見えないのは予想通りだったけれど、木星が形をもつかどうか確認できなかったのは残念としかいいようがない。
月はクレータがしっかり見えそうだ。

そこで次は満月を観る計画を立てた。
12月13日だ。
(iPhoneアプリで月の状態がわかるDianaというのがある。無料でよく使う名アプリ

それまでにこっそりと望遠鏡を部室に運び、一人にやにやし続ける日々。
こゆのも楽しい。

当日。このときは幾人かが部室に居て、皆で高台に向かった。
雲が少し出ていたけれど、大きな満月がその雲を鮮やかに照らす、月暈が美しい夜だった。
流れる雲の合間を縫うように望遠鏡を月に向け、レンズを覗く。
雲だ。

皆して部室に戻り、麻雀に耽る。

夜が更に更け、僕は一人高台に戻る。
(後で恨みを買うのはしょうがない。皆の麻雀を待つわけには行かぬ。
一時的に雲はほとんど去っていて、僕は高鳴る鼓動を抑えきれぬままレンズを覗いた。

視野の7割ほどの面積を占め、その肌を恥ずかしげもなく僕に晒す月がそこに居た。

Wao!
思わず叫びを上げて喜びの舞を舞う。

そんな彼女を、僕も遠慮ない熱い目で見つめ、レンズごしにそのあられもない姿を写真に納めようとした。
が、その-14等にも及ぶ光度は僕のiPhoneカメラではサチってしまって真っ白。
躍起になって何とかしようとしたが、徒労に終わった。
結局、丸く撮れたので我慢して部室に戻った。


さて、月が存分に楽しめると分かれば次は星が観たいもの。
新月の日なんかがいいだろう。
27日だ。
と予定を立てていたのだが、少しその前に事件が起こる。

20日。
ねぃさん(と呼ばれる素敵な方。その能力は10013の約数を19だと一息で見抜く程。)が京都にやってきた。
(その頃、少し案件があったので、会いたかった。

望遠鏡はそこでは活躍するはずではなかったのだけれど、なぜか太陽の観察の話になってやってみることにした。
(この流れを僕はよく覚えていない。この前の夜がほぼ徹夜だったことに原因があるかも知れない。

望遠鏡を太陽に向けて、像を結ばせたい位置に白い紙を置く。
すると太陽黒点が・・
見えない。
そいや最近太陽黒点はないんだよねー。
とかの話になって、も少しちゃんとできないのかな。調べて今度もう少しやってみよう。

と、彼女は望遠鏡に興味を示したのか、おもむろに望遠鏡の掃除を買って出てくれた。
(譲り受けただけあって長い間使われていなかったらしく、カビ・錆び・手垢が酷かった。が、僕は気にしなかった。
たぶん、分解してみたかったのだろうと思う。
僕も分解したいから。
申し訳ないやら嬉しいやらでお任せして27日に再会を誓い合った。


そして昨日(27日
望遠鏡にハプニングが起きていた。
洗うとき、湯にレンズをつけてしまったらしく、対物レンズ、これが2枚組みのような構造になっているらしいのだが、その隙間に水分が入ってしまったようだった。
望遠鏡よりもそのときの彼女の心境を思って僕はやるせない気持ちになり、なんとかなってほしいと願った。

そこで、窯でレンズを暖めて蒸気を外に逃がしたのだが、いかんせん不純な水。
水垢が残ってしまった。
だけれど、これはもうしょうがない。
見えるかどうか試してみよう。

と、ねぃさんと僕で日が沈むのを待って、先日見逃した木星を見てみた。

あ。
点源じゃない。
○だ!○!
・・嬉しかったなぁ。最近の出来事ではとっときだ。
模様が見えるほどではないけれど、幸せな気分になるには十分だった。
日の入りのすぐ後しか見えない時期で、周りが明るかったにもかかわらずの結果だから、
時期が違えば衛星も見えるんじゃないかと思う。
このとき既に、ねぃさんには衛星が見えていたのかも知れないけれど。
(僕も見えた気がして二人で喜んでいたけれど、詳しく聞くと僕とは逆の位置に見えているようで、
どうにも怪しい。

夜中は眠かったので、その日の深夜の観測は延期して、新月もどきの観測は今日しようと思う。
レンズの澱みはどう影響するだろう。

目標は、土星と冬の大三角を担う星たち。
恒星は点源だろうけれど、色の違いが分かればいいな、と。

--

木星をもっと大きく見たくなったし、やっぱり望遠鏡はいい。
自動追尾とか・・・。
垂涎。

スポンサーサイト
physics | コメント:0 | トラックバック:0 |

iPhoneアプリの探し方

ググり方にもハウツーがあるらしいと感じてはいたけれど、そうか。
アプリはブログで探せばいいんだ。

思い付いたら、とgoogleブログサーチしてみた。
ら、思いのほかざくざくと掘れて、見る間にiPhoneが一杯になってしまった。

1ページに16個のアプリが載って、それが最大9ページ。
計144個のアプリが入れられる。
これが埋まるとは思ってなかっただけに少し感慨深い。よくぞ。

デフォでは10個ほど入っていたから全部で134個くらいダウンロードしたことになる。
これに費やした時間が思い起こされる。

これからどうしようか。
まだまだブログ徘徊は終わりそうにないけれど、もうこれ以上入んない。

でも、機能が重なるものがいくつかあったり、一度見れば十分なネタもあったりで、この正月を越えるころには120/144までは減らせるように思う。
探せば見つかるいたちごっこだとも思うけれど。

--

コナミとスクエニがiPhoneアプリに参入した。
どちらにも無料アプリがあったので、すかさず試してみた。

スクエニのほうは余りに悲惨な評価のされ方で、若干可哀想だと思いながらプレイした。
ゲームの内容は、よくあるタワーディフェンス系で、特徴の違う味方を配置しておいて、道に沿って進んでくる敵を自陣に入りこませないようにするというもの。

IMG_0002.png


その味方のグラフィックがスクエニらしくドラクエちっくになったもの。
それだけならいいモノなのかも知れないが、残念なのはその操作性。
なぜか画面下半分を十字キーにしてしまい、画面をタッチして、という直感的操作ができるのはごく限られた場面のみ。(携帯版のまんま移植という噂
なんでiPhoneなんだ?と言われてしまうのも納得のお粗末なユーザインタフェース。
(これなら無料のTapDefenceのほうがはるかに・・。

難易度も低すぎる?
TapのほうはまだEasyすらクリアできていないという難易度(これはこれでどうよ?)に対し、初挑戦でも簡単にクリアできてしまい、多少肩透かしを食らった気分。

総合で見て、大半の人がつけるような☆1つというのは厳しすぎるので、2つ。
可哀想だからかも知れない。


コナミ。
一変して面白い。
無料だったのはまだ開発途中だというDanceDanceRevolutionのβ版。
内容は説明する必要がないほど知られたものだと思うけれど、これが、綺麗でかわいくて楽しい。
製品版が出たら買うと思うって程のいい出来。

IMG_0016.png


さらに嬉しい情報として、来春metal gear solidのiPhone移植版が出るらしいのだ。
コナミ♯


--

各々の企業のこの市場に対する意気込みの違いが如実に現れた結果となっている様がなんとも面白い。
スクエニには舐めるな、期待してただけに・・というコメントが多々見られた。
これからの頑張り次第では巻き返しも十分ありうると思う。

コナミにはさらに、スクエニにはもう少し頑張って欲しい。
僕も頑張らなければなるまい。
mathematics | コメント:0 | トラックバック:0 |

歳はいくつか

来年は2009年。
・・・2009?
こいつぁ素数なんだろうか、と思うのはごく自然。(しかし説明はできない。

さっそく計算すれば、真っ先に怪しい7で割り切れる。
しかも、
2009 = 7 * 7 * 41
となって2回も。少しウキウキ。

去年はどうだったろうか。
2008 = 2 * 2 * 2 * 251
で少し大きな素因数がある。
ふむん。

こうなるとどんどんやってしまうのが常なのだけれど、ここには特に気になる最近の素数な西暦を挙げる。
2003年ですね。(たぶん)
ふと、同じ計算を2003年にしたような記憶を思い出した。

逆に次の素数なる西暦は2011で、テレビが変わる年だ。
元号も合わせて考えると尚楽しめる。

--

ところでこの間、年齢の(素)因数分解が話題に上った。
21は=3*7で美しい分解、22は=2*11で美しくないということだったが、果たしてこれは如何。
3と7の大きさの差のバランスが優れており(感覚的に)、2と11の組とではくらぶべくもないかも知れない。
では24=2*12=4*6=3*8=2*2*2*3はどうだろう。
一意性がないのが脳裏に少ししこりを残すだろうか。素因数だと煩雑だ。
25はどうか。
5*5。そのときは綺麗だという話に落ち着いたが、僕はこの分解では落ち着きすぎている気がする。
も少しラジカルなのが好みだ。

結局、僕にとって21を超える妙齢はそうそうなさそうで、次は35=5*7になりそうだ。
<追記>
素数はこの限りにはなく、23はとても素敵。
mathematics | コメント:2 | トラックバック:0 |

福袋

絶対に損するもののひとつと思って今まで敬遠してきたけれど、今年知ったAppleのLucky Bag 2009は違うようだ。
とたん、好奇心は溢れんばかりに膨れ上がり、涎を垂らすほど欲しくなった。(\35,000-)
というわけでさっそく購入しようと躍起になっているのだけれども、オンラインのみで10日間200個の限定販売。
どういう風に売るのか疑問に思っていろんなサイトを巡ってみたところ、どうも各日のある特定の時間帯のみに購入可能となるらしい。
大御所さんは経年のデータを元に色々予測/立案しているけれど、そんな手段のない初心者としては、ただLucky Bag 2009をリロードし続けるのみ。
今日が最終日ということなので、興味のある人は是非。

lucky bag

「購入」というボタンが表示されるだけで幸運とか言う記述も見られたり。
そりゃそうだ。

P.S.
Mac Pro 買おうかなぁ。
パソコン4台目だけれども・・。

  | コメント:4 | トラックバック:0 |

iPhoneのAPP一覧その2

前の続き。

・Y!路線
Yahooの路線検索ができる。常用。

・全力案内!
初期APPのマップで十分。(じゃあ書くな

・価格ポン!
ある程度(5k円以上?)の買い物は店で買う前に検索。価格.comの情報が見れる。

・Now Playing
現行の映画情報が見れる。最寄の映画館の一覧付き(距離の指定ができる)。映画好きには便利。

・Searchme
Vistaのwindowをクルクル見れるような感じをブラウザで。日本語に対応すればなぁ。

・GraphCalc
グラフツール。二次元だけ。媒介変数なし。極座標もなし。でも、結構使う。フーリエ変換の遊びにハマッた時期がある。

・Quick Graph
グラフツール。三次元もできる。媒介変数なし。極座標、円柱座標あり。わーい。デフォの関数で遊べる。

・mixi
まぁ、使えるレベル。日記とかを見るときにSafariが起動するのが嫌だ。

・LDR touch
RSSリーダー。livedoorのと同期。常用してる。

・ITmedia
ITmediaの記事が読める。ここのはRSSを使わずこっちを読んでる。

・NYtimes
かっこよさげ。NYtimesが読める。

・今日の中吊り
電車の中吊り広告が読める。ほぼネタとして。

・産経新聞
が読める。これはいい挑戦。応援したい。

・Ladio touch
ネットラジオが聞ける。なぜかスペルが間違ってる。

・BB2C
2ch閲覧ツール。べっ別にネラーじゃないんだからねっ!

・2tch gree
同上。はいはいツンツンデレデレ。

・Balloo!
テレビ各チャンネルの2ch総合スレをリアルタイムで表示。テレビ見ないのに。

・iステラ(\1200)
高いだけのことはあるアプリ。星観る時には絶対使ってる。新しい望遠鏡買おうかな。

・Diana
月の情報が一覧できるアプリ。これで観測予定を立てる。次は27日(新月)だ!

・翻訳
翻訳ツール。別に使う予定はないけれど、「っぽい」から(?

・Remote
PCをiPhoneで操作!いいぃぃねぇぇぇぇぇ!

・aMailTyper
メールエディタ。QWERTYで日本語打つなら何か必要。EasyMail, Firemailあたり。どれでもいいかも。
最近僕は日本語入力はフリックにしてる。

・FUEditor
文章エディタ。メモツールだね。別になんだっていいかも?こゆのはまとめてみたい。

・Scribble
楽しいよ。絵で何かを伝えたいときに是非。

・Writing Pad
これも日本語対応したら嬉しい。キーボード上で一筆書き→もっともらしい単語を表示。一見の価値アリ。

--

ツール系はこんなところかしらん。
あとはゲーム・エンタメが20-30コくらいかな。
あれ、全部で70コはないかな。カウントしてないんだ、ホントは。
あ、でも書いてないのもあるし・・。(たいしたことないから

あとはブックマークをホームに置いたり(google,amazonくらい)、カスタマイズが楽しい・・っ!

ネットにAPPの情報が少なくて寂しい。定期的にiStoreを見るくらいしか今はできないなぁ(ブログとかがあまりない。
アプリの数が多いから仕方がないのかも知れないけれど。

--
さて、ゼミだゼミ。今日は3つ。(多いよぅ泣きたいよぅ
数値シミュ→星間物理→CELL(生物)
朝、昼、晩。

--

「僕はどうして大人になるんだろう。僕はいつから大人になるんだろう。」
って武田鉄也が歌ってた。

mathematics | コメント:0 | トラックバック:0 |

iPhoneのAPP一覧

使っているAPPを羅列しておいて、後に詳細を述べる(かも知れない
という手法を試す場。ランダウさんも知らない。

・さいすけ(free)
カレンダーアプリ。初期のとは雲泥の差。無料版の制約もあるが、十分ではある。
・そら案内
天気予報アプリ。最高・最低気温が日のピークを過ぎると全て0℃になってしまうバグがある以外はよい。
・Weather Bug
同上。上のバグをカバーするためにいれている。衛星写真が面白い。
・ToDo's
今使っているToDoリスト。もうちょいで違うのに変わりそう。
・YouNote
長めのメモ帳代わり。ちょっと変わったメモも取れる。
・QuickVoice
録音アプリ。使える。
・Stanza
htmlで書いてある電子書籍が読める。(オフラインで
・Files lite
フラッシュメモリ兼viewerとして使える。
対応拡張子が割とあって良い。open officeはダメなのが残念。
・Eureka
wikipedia閲覧に特化したアプリ。名前も好きだしコレにしてる。
・・・

全部で70くらいあるからちょっと休み。
また続きはいずれ。

--

整理しようとしたらカッとなって全部消してしまった。
ま、どんまいどんまい。
クイズたちはまた書くつもり。
と、さっき僕が言ってました。
mathematics | コメント:0 | トラックバック:0 |

それなんて(ry

徒労
怠惰
諦観

もうゴールしてもいいんじゃないかと思う。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。