屋根裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己の肥大化を見る

過去のブログを見て、恥を知りました。
ぼくは恥ずかしい。
スポンサーサイト
  | コメント:1 | トラックバック:0 |

さびついた

人がいいと言うものがわからない。
ときはなんだか心が不安定になる。

人の評価を聞く前に判断しているので
僕の価値感がズレているか
僕の価値観が高級なのかだと思う。

たぶん、こう、じゃなくて前者なのだけれど
そのものや評価している人をどうしても馬鹿にしてしまう。

そんなどこか頭の溶接を間違ったような考えを持ってはいるけれど、
それでももしかしたら前者なのかもしれないという思いが後から後からやってきて、
もう一度試す眇めつしてみるけれど、やっぱり面白くない。

そりゃ、面白いけど、そこまでじゃないよね。みたいな。

もちろん、特に評価していなかったものが評価されたこと、
それ自体が面白くなくてケチを付けているだけかもしれない。

ひねくれてもうほんしんがみえません。
  | コメント:2 | トラックバック:1 |

おしえてください

しりたくなかった。

と初めて思ったのがいつだったろうかと考えたのは
今回が初めてではなかろうか。

しりたくなかった。

その言葉の絶望感と来たらとてもじゃないけれど

その感情を乗り越えて捨て去っていきたいと思います。
  | コメント:0 | トラックバック:1 |

すいみんぐ

三文がどうとかじゃない。

いくら積まれたって

起きるもんか!

いつもそんなつもりで寝ます。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |

泳ぐ鳥

強いねと言われた。

鈍感なのかもしれない。
鈍感と言われたのかもしれない。

それでも動じずにすむのは
やっぱり強いから、なのかもしれない。

粛清
友愛
期待しすぎた
最近のダメな若者の典型

友達に言われたモノだとしたら
許さないであろう言葉たち

しかし、僕に対してだと
その言葉は酷くもっともなモノだとため息混じりに納得してしまう。
ようやく気づいたか、と。

粛清と友愛は違うけど。その言葉を担うのは主語のほうだ。

残りは甘んじずとも受け取ろうとおもう。
努力したいと思っているのだけど、
十分している、と言えない弱さが、
確かにある。


僕の世界には僕しかいない。

他人が僕をどう思っているか
それは直接僕には届かない。
重要なのは
僕が、
他人が僕をどう思っている
と思っているか
だ。
或いは、
僕が僕をどう思っている
と思っているか

そのマトリョーシカ
だ。


だからその言葉たちは確認以上の何者も僕にもたらしはしなかった。
いや、正直に言えば、より反省に向かったという点で、効果はあったろうか。
確認は意識を固定することだ。


後悔するときもそうだ。

誰かを傷つけたと思うとき
僕が思うのは僕のことばかりだ。

なぜ、もっとうまく、できなかったのか。
僕は自分を責める。
傷つけない方法があったはずだと
責める。

相手はもうそこにはいない。

相手がどう思ったかは、
僕の後悔のためだけに鑑みられる。


誰かのために涙を流したことが僕にあるだろうか。

子供のころたった一度だけ、
僕はそんな涙を流したことがある。
僕の意図の介在しないという点であえて言うならば、
流させられた、ということが。
思い返せば笑い話のような涙が。

だけどそれ以外は、すべて、泣こうという意思の下の涙だった。
相手の気持ちを満足させる、という僕の満足のためや
印象を操作しようという目的のためや
僕自身を僕が認められるようにするためのものだった。

これから先
自然に、我慢できなくて流す涙と
出会うことがあるだろうか


僕は強くない。
弱いと思われると思うことに耐えることができない。

だから本当は
友達が何か言われたとしても
そこに怒りを感じるのは
僕の僕に対する感情のためであって、
彼はそこにはいない。

感動はすべて僕のものだし
悲しみは誰にも理解されないし
寂しさは闇に紛れてしまっているし
楽しみは共感を求めはしない。

怒りはどこにも向かわず
虚無感だけが煙のように漂って
倦怠感が眠りに誘う。


誰かを責めるということには
エネルギーがいる
と思う。

彼らにはそれができるという点で
それをしてくれるという点で
それだけで
心を折られたりする必要はないと
理性が教えてくれる。

教育的指導だと言っていたけれど
その言葉は確かに
僕を導いてくれる。

でも、それが正しい道とは限らない。
その保証を誰がしてくれるだろう?
彼らはそんなことをしてくれないし
僕だって彼らにそんなことを求めはしない。

だからその言葉を導きだと捉えるのは僕の勝手であって
教育的指導とは彼らの勝手な言い分、自己満足だ。
でもそれで何が悪いだろうか。

自己満足がない中で
誰が他人(僕が人だと認識する対象)を満足させることができるだろう。

僕にはまだ
自己満足すら満足にできないけれど
誰かを満足させることができたなら
僕は僕を認めることができるのだと信じている。
もちろん、これは循環参照であって
僕にはどこへ行くこともできはしない。

ただ僕が望むのは
知ることだけだ。
この生き辛い世の中の、
そのトポロジーが、
トーラスなのか球なのか。
どこへも行けない中で
足掻くことを続けたい。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |

書簡

大きな子供になりたいと思ってきた。
わくわくするような感情だけをただ追い求めるような、そんな姿を思い描いてきた。

この一年はその思いを打ち消そうとするものだったように思う。
そつのない人や適当に物事を投げてしまう人をみた。
その人の中に”ぼく”をみた。
将来ああなりたい、なりたくない、そのどちらも感じた。
すでに僕の一面かもしれなかった。
しかし、
そのどちらも、わくわくだけを感じながら高揚に身を躍らせている姿ではなかった。
僕の望む世界ではなかった。はずだ。

振り返る。
僕はほかのひとよりも迷惑な存在かもしれない。
申し訳ないと思うが、変えるつもりはなかった。
それなのに、指摘されるとごまかした。
うまくやってることをアピールしたがった。
それは僕の望む姿ではなかったのに。

だが、それを指摘されて逃げるようではいけなかったのだ。
笑って認めてやればよかった。

僕は変わってきている。
”ぼく”も変わったのかもしれない。
それでも楽しいという感情だけは失いたくない。
そのために、僕は抗わなくてはいけない。
多くの情報を得、技術を学び、それでも、流されてはいけない。
律しなければならない。
それも、楽しみながら。
それがなければすでに僕の世界は崩れてしまうから。
それがあっても世界はすでに僕のものではないけれど。

もっと自然に生きていきたい。
楽しいものに興味を惹かれ一晩一月取り憑かれ
気づけばいろんなことが手遅れで、
それでも笑って生きていきたい。

  | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネット事情

iPhoneを買ったとき、ブックマークの巡回からRSSのチェックに完全に移行した。
これは更新時のみにそのサイトに訪れることになるので、増え続ける一方のネットに関わる時間のうちの無駄な一部分を削ってくれた。
RSSの詳細を知りたい方がいたらコメントその他でどうぞ。ググってもよいと思われますが。
しかしながら、ブックマークの巡回の中で、更新がないので細部のチェック→相互リンクという流れから得ていた新しいサイトの発見がなくなるのではないかという危惧もあった。だが僕は、そもそもこの手段の限界を感じていた。それもやはり時間から来る制約で、この手段はこれからも利用していくだろうが、より効率のいい方法を求めていたのだ。

だがそれについても新たな手段がすでにネットにはあった。

はてなという新しい形(?)のポータルサイトがその一つだ。
注目記事を企業側ではなく、利用者からの情報で選別して表示してくれる。
この注目記事の中には新手のブログユーザもいたり、大手の人もいる。
よく見る人のは無意識的にRSSに入って、はてなで取り上げられていないときも見るようになる。
少し琴線に触れたらすぐにRSSに入れて、しばらく更新の内容を見ることも可能だ。
これは巡回という時間から解き放たれたことの恩恵だろう。
また、ブログだけではなくはてなでは他の様々な手段によって多くの考えや情報に出会える。
それははてなハイクだったり、増田だったり、フォトライフだったりするわけだけれど、その詳細はこの記事について興味を持ってくれた方がいた場合だけ触れようと思う。
ただひとつ、はてなダイアリーの記法はあまりに便利なので、しばらくの内にそちらに移行しようかと考えているということは述べておく。
ああ、もうひとつ、Myはてなという共有型のブックマークシステムも知っていてほしい。
興味のある人が興味を持った情報に触れられるというのはとても興味深い。

またtwitterについても最近新たに思うことがあった。
twitterが何かについても上と同様、ググったり聞いたりしてください。

今はただネタが流れていくのを眺め、たまに上手いこと誰かが言うのを見てにやりとするしかないのだけれど、他の人にはもっと有益に働いているように思う。
それはたとえばiPhoneのブログを書いているひとが関連の情報を得たりしていることだし、やはりここにも情報はあるのだと感じる。
僕だってうまいこと言う人のプロフィールを見てブログを見始めるということもある。
また、英語圏の人をフォローしてみるのも語学の勉強になるのかも知れない。無理矢理だが。

この3つが新たな三種の神器だと思うのだが、もちろん他にもお勧めしたいものはある。
たとえばiddyだし、たとえば読書メータだ。
知り合いが始めたのならぜひチェックしておきたい。
  | コメント:2 | トラックバック:0 |

ようやく入れた

しばらくログインできない状態になってしまっていて、更新ができずにいたが、今日ここに至ってようやく入ることができた。
ということで最近のエントリはmixiでしか書けなかった。

このブログidはパスワードの再発行ができないようなので(秘密の質問というのが何なのかまったく記憶にない)FC2IDに統合しようと思ったが、そろそろはてなに移行してしまおうかとも思っている。

というとりあえずのエントリ。


  | コメント:0 | トラックバック:0 |

楽しいこと



2月になって、短かった髪も伸びた。
久しぶりに会う知人に25歳くらいに見えると言われ、髪を切ろうかと思った。

こどもとおとなって、いい意味と悪い意味がある分、使うときにも使われてるときにも注意が必要だけれども、僕の中ではこどものほうが常に上のレベルにある。

こどもは、「僕なんてまだまだ」という感じ。
おとなは、「僕なんてもう」という感じ。

こどものほうが断然いい。
おとなは妥協の塊のように見えてしまう。
その妥協は、生きていくには必要なものなのかもしれない。
でも、それを認めるためには生きていく必要はそもそもあるのだろうかという問いにも答えなければならない。というか、僕はこれを否定する。
生きていくことに別段意味はないのだから、それを理由に妥協することはなんら賢い選択ではないと思う。
何かに挑戦するときに、生命を恐れて躊躇うことはしたくない。

だからと言って、何にでも拘泥してしつこく付き纏うのも汚らしく見えてしまう。
必死さが恥ずかしい。
ストイックにありたいのだ。
諦めず、かといって拘泥もしない。
そんな生き方は綺麗だと思う。
でも、それじゃあ始めから興味を持って突っ込む範囲を限るしかないわけで、その諦めがまたおとなに通じている。
最近はそれでもいいと思っているので、やはり僕は、少しずつ階段を下りているのかも知れない。
  | コメント:2 | トラックバック:0 |

失せ物、出る

以前失くしたと書いた、筆箱とイヤホンが昨日見つかった。
よかった。
手袋も失くしていたけれど、見つかった。
代わりのがもうあるので、少し複雑な気持ち。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |

カレーの歌

初めて、ルーからカレーを作った。

小麦粉をフライパンで炒める。
少し色が変わったら香辛料を混ぜる。
サラダ油を少しずつ加えてドロドロに。

これで簡単、ルーの出来上がり。
あとはいつもと同じようにカレーを作ればヨシ。

ところが、ルーから作ったのは初めてで、なかなか味を出せない。
コクというのだろうか、それがトンとない。
そこかしこのWebページにもあるように、コンソメを入れればよいのだろうけど、せっかく元から作ってるのに纏められたモノを入れるのはなんだか悔しい。
ソースやケチャップ、チョコに蜂蜜を入れたことを思えば今更だった気もするけれど・・。
コーヒー牛乳も入れたか。醤油も・・。
でも、やっぱり入れたくない。
都合よくナイジェリアハニーという少し変わった苦み(コクと言えそう)のある蜂蜜があったのでドボドボ入れてみた。
む・・悪くない・・。か、完成だ。

普通のと合わせて蜂蜜を入れすぎたか、少し甘くなってしまったけれど、なかなか上手にできた。
食べた時はそこはかとなく甘いけれど、後から辛さが来るスパイシーなカレー。
この甘さ・・・ご飯よりナンとかパンに合いそうだ。
今回はご飯炊いてたのでご飯と食べたけれど、ナンか。
・・いいねぇ。わくわく

にしても、ルー買う必要ないなぁ。
凄く簡単に作れる。
でも・・ふむん・・次はコンソメ入れてみよう。

あと、やはり二日目が美味しかった。
甘みや味の雑さがいい塩梅に溶け合って、しっかりとした味わいと辛味を持つご飯に合うカレーになった。
どうやら塩味を足すとご飯に合うようになるみたいだ。

具は
じゃがいも
たまねぎ
にんじん
豚肉
だったけれど、ひき肉とナスのカレーを作りたくなった。

新しいことは、まだまだたくさんある。
後どれくらいできるかわからないけれど、そこに躊躇わず飛び込める自分でありたい。
とかカレーくらいで何言ってるんだろうね、本当。
歳取ったなぁ・・

--

入れた香辛料
ターメリック
シナモン
カルダモン
パプリカ
コリアンダー
サフラン
ガラムマサラ
ナツメグ
ローレル
鷹の爪

胡椒
チリペッパー

次までに手に入れたい香辛料
ハラペーニョ

香辛料をわっさわっさ入れるとき、自分がカッコ良く思えてしまう。
料理ってそゆとこある。自己陶酔みたいな。
・・・嫌いじゃない。
  | コメント:2 | トラックバック:0 |

探し物は何ですか?

筆箱をなくした。

たぶんどこかの講義室なんだろうけれど・・。
人に貰ったもので、シックでモダンな柄が気に入ってたのに・・。
まだ諦めきれない。

あともうひとつ、何か大切なものをなくしたはずなんだけれど、今度はそれがなんだったか、まったく思い出せない。

参ったなぁ。

--

はてなを始めた。
友達がバイトしていて、たまに耳にして、気になっていたから。
きっかけは、もう締め切りが過ぎているけれど、「少女が空から降ってきた」というテーマで作文が募集されていたこと。
思った以上にたくさんの応募があって、このコミュニティーには関わってみたい、と思わさせられた。
(ちと省略しすぎかな)

曰く、日本のgoogleになるそうなので、期待していようと思う。
はてぶに移そうかとも思ったり。思わなかったり。

--

ブログの写真掲載予定のところに写真を貼った。
手間は余りなかった。
ものぐさ過ぎるのは問題だね。
や、ものぐさ自体、問題か。

--

iPhone用ワンセグチューナ。
別の店を訪ねてみたが、空振り。
「まだ」入荷していないそうだ。(ここのとこの意味することがよくわからん
入荷未定。

残念だなぁ・・・
あっ

思い出した。
iPhone用のスイッチ付きヘッドフォンがなくなってるんだ。
どこ行ったのやら。

気にしたり気にしなかったり
  | コメント:2 | トラックバック:0 |

なぜか

コメントが表示されない・・。

よっぺのとその返信が。

[追記]

一度コメントを追加してみたところ、見えた。
そこで追加したコメントを消すと、都合よく2つだけになった。
ふふん♪
少しいい気分。
たぶんバグ>FC2。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |

てすと

test
  | コメント:0 | トラックバック:0 |

福袋

絶対に損するもののひとつと思って今まで敬遠してきたけれど、今年知ったAppleのLucky Bag 2009は違うようだ。
とたん、好奇心は溢れんばかりに膨れ上がり、涎を垂らすほど欲しくなった。(\35,000-)
というわけでさっそく購入しようと躍起になっているのだけれども、オンラインのみで10日間200個の限定販売。
どういう風に売るのか疑問に思っていろんなサイトを巡ってみたところ、どうも各日のある特定の時間帯のみに購入可能となるらしい。
大御所さんは経年のデータを元に色々予測/立案しているけれど、そんな手段のない初心者としては、ただLucky Bag 2009をリロードし続けるのみ。
今日が最終日ということなので、興味のある人は是非。

lucky bag

「購入」というボタンが表示されるだけで幸運とか言う記述も見られたり。
そりゃそうだ。

P.S.
Mac Pro 買おうかなぁ。
パソコン4台目だけれども・・。

  | コメント:4 | トラックバック:0 |

それなんて(ry

徒労
怠惰
諦観

もうゴールしてもいいんじゃないかと思う。
  | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。