屋根裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホロウマスク錯視



結構好きで、いくつか錯視は知っていたけれど、これは知らなかった。
やっばい面白い。


研究室の配属が終わったばかりで忙しい毎日。
スポンサーサイト
interest | コメント:1 | トラックバック:0 |

クリエイティブ・コモンズ

始めに。大切なのは最後のほうだけ。
残りは備忘録です。

--
著作権のあり方が変わろうとしている。
と思う。或いは願う。

やることやった人に対して報酬が支払われるのは当然のことだし、その成果を対価なしに得ることは法に触れずともやってはいけないことだろう。
しかし、ネットの自由度を縛ってしまうことは、情報化の進む社会では避けなければならない。
だが、今の改正案ではこれは成せない。
(→改正するな→権利者が損する→始めに戻る)

というのはよく目にするけれど、こないだどこかのコラムでこの逆を見た。

改正しても支払われないような報酬が存在する。
すなわちそれでは結局問題の解決にならない。ということのようだ。

例えば(というかそのコラムではその話しかなかったのだが)ニコ動のような製作者にビタ一文報酬のないシステム(一部例外を除く)。
今良い動画が作成されることでリアルな利益を得ているのはニコニコ動画だけだ。
これは先ほどの上の条件を満たしていないために不適切であることは否めない。
というか、ぶっちゃけおかしい。
ある程度のクオリティを無償で保ち続けるような体力を作成者に求めるような体制が長持ちするはずがない、という人が大勢居てもおかしくない。

だから正しい、というわけではないが、youtubeでは金銭的還元が始まったようだ。
これに対して日本ではこのようなコンテンツクリエイターに報酬が支払われることはない。
内容は全てクリエイターが用意したものであるにも関わらず、だ。
どうやら日本的(?)な考えの下では金儲けは”悪”であるとされているようで、報酬が欲しいとは言い出しがたい環境なのだ。
それに加え、ニコニコ動画は何もする気配がない。
それどころか、ニコ厨として名を馳せる「ベルセルク」作者の三浦健太郎氏に無償で「がくぽ」の絵を描かせた。
描いた本人もどうかと思うが、これは断じてニコニコ動画が断るべき場面だったと思う。
(正しくは依頼したのは別会社であるが、仲介したのはニコニコ動画)
”プロがプロの仕事を無償でする”というのは祭り的心情で見ればはっぴを着てはしゃぐところかも知れないが、これからのネットを考えるのならば、これはとんでもない前例になりうる。
曰く「プロがタダでやるのに、肩書きのないものが有償でやるのか」と。

これも正せ、というのだ。

ま、これも最近よく目にする意見の一つではある。

クリエイティブ・コモンズなるものがある。
作ったものを著作権フリーで共有しようという考えだ。
著作権という問題を無視するという方法で解決しようと・・や、それは違うか。
「認め合う」という行為で全てを満足しようというかのような取り組みだとも思うが、それで廻るなら廻って欲しい。実際この響きはとても魅力的だ。
でも、ま、自分の作品の宣伝(アップされているのはお試し版、とか)であったりするようだけれど。(ニコニコでもこのような使い方をたまに見かける)
これもひとつの戦略としてアリなような気がする。

もうひとつよく聞くのは、果たして著作権違反された側にとってソレは不利益なのかということだ。
またしてもyoutubeの話になるが、角川は公認MADなるものを作った。
いくつかの条件をつけて2次創作作品を認めるような制度を用意したのだ。
ニコニコ動画で見るように、MADの下の市場での本家の売り上げは権利者にとって不利益以上の利益になるのではないのだろうか。
いや、利益となる、と考えた企業があるということだ。
これでは一番初めに挙げた改正(権利者からの申請がなくても立件)はダレトクとなってしまう。

はてなのポイントという制度も面白いと感じた。(2chにも似たようなのがあった気がするが

権利者の利権と、今まで省みられることのなかった作成者たちの利益がどうなるのかが、楽しみだ。
と思える社会であり続けて欲しいと思う。

と思っていたところでまた大きなところが動いたようだ。
講談社が漫画のネット掲載だけでなく、二次利用(ブログ貼り付け)も認めた。

今日マチ子 みかこさん

一話分upされていたから興味のある方は是非。
正直に言うと、これだけ?と思ったりしないこともなきにしもあらず。
これも宣伝効果が期待できる。しかもタダだから・・(働くのは僕ら。さて、これの還元はあるのだろうか?楽しさだけ、でも、それでいいかも・・。

著作権といえば、の動画も挙げておく。
有効年月50年が延びようとしているのは彼らの意・・おや、誰か来たようd


interest | コメント:0 | トラックバック:0 |

映像で遊ぼう

一度はこゆことしてみたい。







映像ってか、写真の連続かな。
これならアイディア次第で面白いのが作れそうだから。
interest | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。