屋根裏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

卒論プレゼン資料

tiefのところで知った検定で遊んだり、gnuplotの技術にトキメイたりしてる内に、いつのまにか出来ていたのでそのまま持って行ったら・・ね。
明日までにもう少しなんとかしないと。
にしてもgnuplotでの遊びのなんと楽しそうなことか。
excelのときはなんとも思わなかったのだけれど・・・。


スポンサーサイト
physics | コメント:2 | トラックバック:0 |

天体観測2

二昨日からのことを話すのが最近の僕について知ってもらうのに最も効率がいい方法なのではないかと思う。

思考上、金曜日の朝に時間を戻すことにする。
なぜだかすっかり忘れてしまったけれど、とにかくほとんど徹夜でその朝を迎えた僕は、先生と卒論について相談するために学校に向かった。
8時から一人で作業して、10時から11時まで先生と話すことができた。
1時間ではあったけれどなすべきことを把握できたし、バックグラウンドについての理解も少しは深まったような気がする。Bondi flowが僕の研究の始まりのキーワード。
さて、11時からは理論(S5と呼ばれる卒論グループで、僕のほかに生徒がもう一人いる)での卒論の打ち合わせ。およそ10分程度の発表になるだろうと教えてもらった。
pptを作らなければならないが、8枚程度に纏めることがネックになりそうだ。

さて、その打ち合わせは連絡程度ですぐに終わり、またPC室へ戻って先生と1時間弱作業をした。
ただし、正直にいえば、このあたりの僕の時間感覚は正確ではない。

恐らく13時半だったと思うのだけれど、僕は学生控え室に戻って仮眠を始めた。
一瞬で意識を失ったので確かではないが、友人の誰かの迷惑になった記憶がある。

ふと気付けば14時半で、数値計算の理論ゼミの時間だ。
今回は数値計算というよりも流体の理論の話だった。交通方程式(連続の式でvが(1-\ro)Vmaxと書けるもの)の話だった。前、前々回は欠席していたのだけれど、そちらのほうの話のほうがよほど出席すべき内容だったという後悔とともに耳と意識を傾けていた。

16時頃に終わって、少し先生と話をして、僕は真っ直ぐ家に帰った。
野暮用があったけれど、それよりも何よりも、そう、寝るためである。
きっちり1時間半ほどの睡眠を取れたことは僥倖だ。

19時からは理論の雑誌会(僕はまだ出席したことがない、してみたい)の打ち上げにお邪魔してきた。
なんとかいう河原町三条近くで鍋料理。
外国からの人が3/11だったので(内2人が招待)、自己紹介を英語でしろとのことだった。
いくつかの成功と、いくつかの失敗の記憶がまざまざと頭に焼き付いている。
失敗は、’先生’を"superviser"と呼ばなかったこと。ここは高校ではない。
あるいは自己紹介の最後に"That's all."と言ったこと。
成功のうち最も大きかったのは、pottery「陶芸」という単語で、これは先生方にいい印象を与えることに成功したようだ。
しかしながら、生意気なヤツだと直接言われた点も考慮すれば、今回僕にいいところはなかったと言わざるを得ないのは非常に遺憾だ。

ビールを瓶一本くらい飲んだ気がするが、それ以上は飲んでいない。
そして十分とは言えないが満足できる程度には食べた。

二次会にもお邪魔しようかとも、ふと思ったのだが、何か頭をよぎるものがあったので部室へ。
このときは作陶が目的だった。
断じて言うが、何もA氏とかHんが、にやりと笑って僕を迎えてくれるなんてことは思いもしなかった。
彼らとのそこらの感情の共有は・・うぅん、なんとも味わい深い。
とにかくも、僕たちは朝まで麻雀をすることになる。
勝ったような気がするが、いつものことだ。
今のところ総合得点では4人打ちでも、サンマでもトップに立っている。

土曜日は中休み。
学校に行ってのんびりとしていた。
学生控え室には僕だけで、皆はPC室かどこかにいるのだろう。
思うにやはり昼の気候は気持ちのいいもので、夜しか生活しないというのはどうも非人間的だ。
午後のコーヒーのなんと美味いことか。
さて、そこらの散歩でも・・
という夢を見た。

最近は土星が見えるらしく、そして運よく久しぶりの好天気。
今日こそ観なければと思いつつ、15時過ぎに起床です。
そこへねぃさんから情報が届く。

チチキトク
彗星も観えるらしい!
ワクワクを抑えながらネットを徘徊して夜を迎える。

観測は一人がオツだとは思いつつも、寂しがり屋かも知れない僕は幾人かと外へ出る。
本日ハ晴天ナリを体言するような空模様で星が美しい。
早速望遠鏡を設置して、当りをつけて、土星を観測する。
メンテを怠っていたためか、少し調子が悪かったけれど、土星は観えた。
多分リングも見えたんだと思う。
というのも僕の望遠鏡の性能の問題で、観えたという人がいたりいなかったり。

土星の近くにあるらしいルーリン彗星は肉限はおろか望遠鏡越しにも見えなかった。
性能の問題だろうか。

もっといい望遠鏡が欲しくなった。

さて、部室に戻ると人数はたまたま”ちょうど”4人。
麻雀ですね。
しかし明日の都合を鑑みるに、やるべきではないのは証明終了。
一回で終わろうと思っていた。
ら、飛んだ。僕が。
東3、僕の親になる前のことだった。
皆も満足できる様子ではなく、しょうがなく2半荘目へ。
東4、僕の親番、北家がハネ満ツモで僕が飛んだ。
皆から一様連続にザマァ的な空気が漂っていたけれど、僕はもう一度のチャンスを請うた。
そして、南2、僕は大空へ羽ばたいた。
時間は7時、朝日が目に滲みるいい朝だった。

帰宅して腹を満たせばすぐに就寝し、10時からのサッカーに備える。
なんてこった!2時間後!
10時に起床。
3年ぶりのまともな運動に胸をときめかせながら農学部グラウンドへと向かう。
宇宙物理学科のサッカー青年たちの体と体のぶつかり合い。
それがまさか4時間にも渡るとは、このときの僕には想像すらできなかったし、今思うだに恐ろしいぜ。
僕より圧倒的に暴力的な程マキシマムのタクティクスな先輩たちについていこうと必死wな僕はクリティカルで生まれたてのカモシカのように足を震わせながら何とかサッカー?をし、ものの見事に足を攣った。
それでも最高にハイな気分になれたし、爽やか三組も怖くないほど青春を謳歌していたと思う。

14時過ぎ、精神とときの部屋に居たかのように友人との間のギャップを感じながら僕は帰宅し、ネットを巡回した後に泥のような睡眠に落ちる。時は17時を指していた。

19時、Tに叩き起こされる。
だが僕は彼女に感謝する。なぜならばそれは、その時間、陶芸部の追いコンがあるからだ。
わぉ。
きさきという豆腐屋で鍋を食う。
豆腐屋だというのに、普通の豆腐なのが残念だった。
重要な位置を占めた人たちが陶芸部から出て行くのに拍車をかける残念さであった。

二次会を過ぎ、人がまばらになった頃からHんが麻雀に心奪われる。
僕は4人にならなければやらないつもりだったのに、彼はもう・・。
麻雀は好きだけれど、もっと人と話したいよ。
せめてカラオケ・ビリヤードでは?
と思いつつも僕は重い目蓋には勝てず、寂しい思いをした人も何人かいたろうと思うが、僕は椅子から目を閉じて天井を見上げることしかできなかった。

ふと目を覚ますと5時。
たぴさんが帰るというので代わりに続きを打った。
トップで受け取り、得点を増やしてトップのまま終えた。

6時前に帰宅して睡眠。
18時までついぞ目を覚ますことはなく、布団への愛を確かめた。
そして先生との打ち合わせに向かい、少しばかりプログラムを進めて帰宅。
今に至るというわけだ。

おやすみなさい。
physics | コメント:0 | トラックバック:0 |

あの虹を、いや二次を

すっかり夜も遅くにこんばんは、admalです(!
こんな発音だと嬉しいですね。
アラビアーンな感じ。
抑揚は「アヴドゥル」みたいに。

今日もゼミがありました。
明日もありそうでドキドキしています。
いや、あるのは確かだけど、・・・発表オレだったか。

--

速度はvelocityでv、なぜ密度はdensityなのにρ?
ギリシア語を勉強したいな、と思う月の少し欠けた夜。

同じくなぜだかνを当てられる粘性係数。
あいつを見積もるときに、

ν~αch
α:定数
c:音速
h:スケールハイト

とするけれど、hが逆数で掛かるべきだと思うのは僕だけだろうか?
系の長さが短いほど運動量の運搬がスムーズにいきそう(粘性が高そう)な気がする。


physics | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネタとして有名な

希に聞く話で、
携帯の電波って体に有害じゃないの?
ってのがある。

詳しくは知らないが、思うに、短期的な影響は皆無だろうとして流通しているのではないだろうか。
長期的な影響(脳とか)については詳しくは分かってないんじゃなかろうか。

物理屋の端くれたりたい僕でさえこんなもんなのだから、次の動画を見せられたら信じてしまう人がいたっておかしくない。
始めに断っておくけれど、コレはネタです。
ポップコーンを携帯の電磁波で作る↓



うーん。
これがマジだったら怖すぎる・・。

今日は人と話してて、こゆ眉唾な、でも信じてしまう人がいそうな話になった。

一つは遺伝子組み換え食品。
僕としては、遺伝子組み換え食品どんとこいなんだけれども、どうも一般の人はそうではないらしい。
有害という話は聞いたことがないんだけれど・・・。
自然にあるものを人がいじった。
ら、どうなるんだ?それで子々孫々に影響がでるのか?
A,T,C,G(全部ただの分子)の羅列に過ぎない遺伝子が並び方を変えただけで、胃や腸で分解されるときに妙なモン出すとは考えられないし、吸収された後だってそうだ。
と思う。

・・でも、気持ちは分かる。
なんとなく、神秘的なところを触っている気がする。
今の植物・動物たちが今この形になるまでに通ってきた長い道のり、それを勝手にいじったものが、果たして同じくその道のりに載る人に合うだろうか。
と。

でも、それはただ知らないだけなんだと思う。
遺伝子とは何か。
消化とは何か。
知って、それでも何か変だと思うのは、それは自由だ。
もしかしたらその情報(知識)が間違っているかも知れない。
でも、知らずに否定や肯定するのは恐ろしい。

と言いつつ、ま、本当のところは、それを食べるようになってから数十年後に分かることになるんだろうけどね。
実験こそ全て。事実こそ信じるべきもの。
携帯だってそうだ。
その電磁波の影響は、きっと、そのうち分かるだろう。
それまでは、「予測では」だ。

さて、もうひとつは
たまねぎを食べるとオナラがくさくなる
というもの。

急にレベルが落ちたことに戸惑いを隠せないかも知れないけれど、
僕だってぶっちゃけどうでもいいんだけれど、少しまともに考えてみた。
お腹の中で何がガスを出すか。
それは、発酵と腐敗だ。(たしか
酒を造るようなモノたち(芋とか)は腹の中で発酵し、その際ガスを出す。
こいつらはくさくない。発酵蔵はくさくない。(よね?
それ以外(肉たち)は、腐敗ガスを出す。
これがくさいオナラの原因だ。
予防としては、野菜多めの生活を、だ。

と僕はずっと思っていたのだけれど、(実際この話はウソだと思った)
ここで僕はにんにくの臭さに思いを馳せるべきだったのだ。

調べてみたところ、やつらには、何てことだろう、硫黄が含まれているそうだ。
いかにも臭そうだ・・。硫黄が水素なんぞとクッツイテ・・。
案の定、こいつらもくっさいオナラになることができるわけで、この話は真実らしい。
参考:おならの原因

ところでこれも僕の無知のなせる業のわけで、すべてを知った後でなら、なんだそんなこと、といえなくもないが、知らない時は(知らずの内に)頭ごなしに否定していた。のだと思う。
おぉ。怖い。

ええと、何がいいたいかというと、
簡単に信じてはいけないということ。
情報を他に求めすぎるのはよくないということ。
自分で確かめること。
最後に、自分を疑うこと。
だと思う。

つまり、携帯も遺伝子組み換えも、もしかしたら危ないのかもしれないということを僕は忘れてはいけないということ。

いやでも、どうしたってポップコーンは携帯じゃできない。
できるなら、人の身体にもっと短期的な異常(やけどとか)がなければおかしい。
(と、現行の物理を信じるならばいえる。これが正しいのは帰納法が当てはまる世界にだけだが・・貴方は綺麗な世界を信ジマスカ?

--

疑いすぎるのもよくない。
世間的に。

世間を気にしなければとてもよいことだと、僕は思います。
physics | コメント:6 | トラックバック:0 |

宇宙いずくんぞ歌うべからざるや

JAXAのRSSを購読しているのだけれど、その中でも最近一番楽しみにしているコンテンツを紹介したい。

宇宙連詩

宇宙を詩にしてしまおう、という企画をJAXAがやってるわけだ。

連詩というのは前の人の歌った詩を受けて次を付け加えていく、というもの。
なので宇宙連詩はテーマが宇宙な連詩、というわけだ。
いろんな人、詩人や一般公募で選ばれた人が次々と詩を繋いでいく。
リンクは現行の第三回目へのリンク。

見ればすぐに分かるけれど、これは別に「宇宙」とか「JAXA」という単語で思い浮かぶような科学的な意図を持っているわけではなく、広い意味の宇宙、つまり万物について自由に歌っていいわけで、ようするに何でもあり。
そこにあるのは歌い手の宇宙であり、そもそも宇宙でなかったりする。
その遊びが好きで、自分もやってみようかと思うくらい。

特に連詩の前の詩との繋げ方がウィットネスの見せ場で、頭がキュッと収縮する感覚を味わえる。


第三回で特に気に入ってる詩は

「あさのひかりで めがさめる/たいようのちからで/ぼくはたびへでる」(荒井悠造)

(最近の生活リズムを省みると胸が痛い。

もう一つは詩の一部。

吐息で夜空のガラスを曇らせて
指先で自分勝手な星座の線を引きまくった

そんなことができたら楽しいねぇ。
少し欲求。
このブログの上でドラッグして紛らわす。

--

あと、星座がインデックスだという考え方にもタグを付けておく。
physics | コメント:2 | トラックバック:0 |

宇宙百景語るに如かず

先日、といっても半年ほど前になるのだけれど、知り合いの方から望遠鏡を頂いた。
対物レンズ:口径60mm, F=360mm、接眼レンズ:口径18mmの屈折望遠鏡だ。

[例によって写真掲載予定]

どうやって計算したか忘れてしまったけれど、僕の計算によれば倍率は20倍。
(360/18かな?忘れたや。また纏める、かも知れない。
望遠鏡経験のない僕は、このコでどれくらいのモノが見えるかすら分からず、とにかく使って試してみたいという欲求に苛まれる日々が続いていた。

そんなとき、月と金星と木星が一同に視野に入る夜があった。
(12月の始めだったと思うけれど、確かなことは覚えていない。
それまでの忙しさがこのときは小休止状態で、このチャンスにこの情報は逃すには惜しすぎた。

しかし、人を誘うには結果がどう転ぶか分からないためにリスクが大きすぎたので、部屋で一人で見ることにして、その日を心待ちにしていた。
(何も見えなくて気まずい空気になるのは興ざめだ。

部屋の真ん中を空けて望遠鏡を設置、窓を開け放って空を睨む。
震える身体を抱きながら、隣の建物の上と自室の窓枠の上限との狭間の空間に3つのオブジェクトが入る瞬間を待つ。

・・来た!
が、そのときは三脚の使い方が分からず、望遠鏡をしっかりと固定できていなかったために木星を視野外に逃し、小さな点にしか見えない金星と、薄い月(このときは三日月くらい)を見ることしかできなかった。

金星が点にしか見えないのは予想通りだったけれど、木星が形をもつかどうか確認できなかったのは残念としかいいようがない。
月はクレータがしっかり見えそうだ。

そこで次は満月を観る計画を立てた。
12月13日だ。
(iPhoneアプリで月の状態がわかるDianaというのがある。無料でよく使う名アプリ

それまでにこっそりと望遠鏡を部室に運び、一人にやにやし続ける日々。
こゆのも楽しい。

当日。このときは幾人かが部室に居て、皆で高台に向かった。
雲が少し出ていたけれど、大きな満月がその雲を鮮やかに照らす、月暈が美しい夜だった。
流れる雲の合間を縫うように望遠鏡を月に向け、レンズを覗く。
雲だ。

皆して部室に戻り、麻雀に耽る。

夜が更に更け、僕は一人高台に戻る。
(後で恨みを買うのはしょうがない。皆の麻雀を待つわけには行かぬ。
一時的に雲はほとんど去っていて、僕は高鳴る鼓動を抑えきれぬままレンズを覗いた。

視野の7割ほどの面積を占め、その肌を恥ずかしげもなく僕に晒す月がそこに居た。

Wao!
思わず叫びを上げて喜びの舞を舞う。

そんな彼女を、僕も遠慮ない熱い目で見つめ、レンズごしにそのあられもない姿を写真に納めようとした。
が、その-14等にも及ぶ光度は僕のiPhoneカメラではサチってしまって真っ白。
躍起になって何とかしようとしたが、徒労に終わった。
結局、丸く撮れたので我慢して部室に戻った。


さて、月が存分に楽しめると分かれば次は星が観たいもの。
新月の日なんかがいいだろう。
27日だ。
と予定を立てていたのだが、少しその前に事件が起こる。

20日。
ねぃさん(と呼ばれる素敵な方。その能力は10013の約数を19だと一息で見抜く程。)が京都にやってきた。
(その頃、少し案件があったので、会いたかった。

望遠鏡はそこでは活躍するはずではなかったのだけれど、なぜか太陽の観察の話になってやってみることにした。
(この流れを僕はよく覚えていない。この前の夜がほぼ徹夜だったことに原因があるかも知れない。

望遠鏡を太陽に向けて、像を結ばせたい位置に白い紙を置く。
すると太陽黒点が・・
見えない。
そいや最近太陽黒点はないんだよねー。
とかの話になって、も少しちゃんとできないのかな。調べて今度もう少しやってみよう。

と、彼女は望遠鏡に興味を示したのか、おもむろに望遠鏡の掃除を買って出てくれた。
(譲り受けただけあって長い間使われていなかったらしく、カビ・錆び・手垢が酷かった。が、僕は気にしなかった。
たぶん、分解してみたかったのだろうと思う。
僕も分解したいから。
申し訳ないやら嬉しいやらでお任せして27日に再会を誓い合った。


そして昨日(27日
望遠鏡にハプニングが起きていた。
洗うとき、湯にレンズをつけてしまったらしく、対物レンズ、これが2枚組みのような構造になっているらしいのだが、その隙間に水分が入ってしまったようだった。
望遠鏡よりもそのときの彼女の心境を思って僕はやるせない気持ちになり、なんとかなってほしいと願った。

そこで、窯でレンズを暖めて蒸気を外に逃がしたのだが、いかんせん不純な水。
水垢が残ってしまった。
だけれど、これはもうしょうがない。
見えるかどうか試してみよう。

と、ねぃさんと僕で日が沈むのを待って、先日見逃した木星を見てみた。

あ。
点源じゃない。
○だ!○!
・・嬉しかったなぁ。最近の出来事ではとっときだ。
模様が見えるほどではないけれど、幸せな気分になるには十分だった。
日の入りのすぐ後しか見えない時期で、周りが明るかったにもかかわらずの結果だから、
時期が違えば衛星も見えるんじゃないかと思う。
このとき既に、ねぃさんには衛星が見えていたのかも知れないけれど。
(僕も見えた気がして二人で喜んでいたけれど、詳しく聞くと僕とは逆の位置に見えているようで、
どうにも怪しい。

夜中は眠かったので、その日の深夜の観測は延期して、新月もどきの観測は今日しようと思う。
レンズの澱みはどう影響するだろう。

目標は、土星と冬の大三角を担う星たち。
恒星は点源だろうけれど、色の違いが分かればいいな、と。

--

木星をもっと大きく見たくなったし、やっぱり望遠鏡はいい。
自動追尾とか・・・。
垂涎。

physics | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。